会社概要 お問合せ 個人情報保護法
 
 
 
 
     
 
トップページ >> 増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー(高齢者住宅)
増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー(高齢者住宅)
増築、改築のリフォームには必ず理由が有って事です。
子供も増えた、子供が成長した、収納スペースが欲しいなど理由は様々です。
ここで気をつけたい事は、単に増築、改築などを思うがままにしていまう事です。
例えば子供が増えた成長した増築、間仕切りなどは、その時は良くても、後々成長して子供が独立した後の事も考えると、リフォームの方法も変わってきます。
また、バリアフリー(高齢者住宅の対応)に関して、助成金・補助金のご相談から小さな作業(玄関取っ手)から大きなリフォームまで受け付けています。
 
お住まいの増築の
リフォームはこちら
 
床(フローリング)の
リフォームはこちら
 
壁のリフォームはこちら
 
階段のリフォームはこちら
 
 
収納の
リフォームはこちら
 
バリアフリーの
リフォームはこちら
 
 
 
 
 
お住まいの増築
増築には、必ず増築しなければならない理由があります。住人が増えた、住人の成長、物の収納など様々です。
しかし、単に増築を行えば皆さんの要望が解決する訳ではありません。皆さんのご要望など、将来を見越して増築プランを考えていきましょう。
   
増築 子供の部屋を作る
子供が大きくなったので勉強部屋を作りたいなど、子供の部屋を作る際に考えたいのは、いずれ子供の数が増えるかもしれない、また女の子、男の子とでは、成長と共に共存が難しくなったりもします。例えば、小さい頃は1部屋でも成長と共に2部屋に変更できるように設計しておくと成長とともに、簡単な工事で部屋を増やすことも出来ます。限られたスペースの場合、ベットなどを収納出来るものにするのも良いとおもいます。
 
 
増築 書斎やリビングなどを作る
書斎やリビングなど、生活感が活気ずいての増築の場合、増築を思いたった時点から、自分の想いや現実的な要望、メリット・デメリットなどをある一定期間メモなどに残しましょう。また、子供部屋と同じように、生活感が変わりだせば、使う用途も変わりだします。例えば、時間が経ち家族が減ってくれば、大きなリビングなど必要なくなります。大きなリビングも将来的に2部屋に増築出来るような工夫も大切です。
 
 
増築には、法令や一部地域などの督励処置などがあり、防火地域と準防火地域や大規模な修繕 ・ 模様替えを行なう際にも確認申請が必要になります。少し位なら良いだろうと思い、申請などを怠ると大変な事になります。耐震強度が備わっているお住まいを耐震バランスも考えずに工事を行ってしまうと元には戻りません。増築などは、許可の取れた一級建築士の居る建築会社にお任せください。
ページの上端部に戻る▲  
お住まいの改築 トラブルにならない改築を考えてみましょう
お住まいを改築(リフォーム)するのか、建替え(注文住宅)するのかどちらが良いでしょうか?その答えは何処にもありません。築何十年経っていても、しっかりメンテナンスしているお住まいなら改築でも良いですが、何十年と放置したお住まいなら改築は難しいでしょう。まず、一部の改築ならば大きな問題はありませんが、大きな改築する場合、お住まいの状態を専門家の目で拝見させてください。
   
改築 目先のご予算だけで考えるのはどうでしょうか
改築は、皆さんのご自宅の良い所は残し悪い所を直すように感じますが、実は、どんなにご自宅のまだまだ使える場所でも、改築する事を前提に考えるなら、工事のメスは入ります。まず、大掛かりな改築をご希望の場合、新築で作る際の見積を照らし合わせ、20年以上住まわれる場合、リフォームの見積費用が新築の7割に達する場合、新築で建て直しをお勧めいたします。
 
 
改築 自由度を満喫しながら耐震も強化しましょう
大掛かりな改築が出来るような場合、皆さまのご希望で自由に間取り決めていきましょう。その際ですが、せっかく大掛かりな改築が出来るのですから、目に見えない部分も十分に考慮して考えましょう。耐震強化(補助金などがあります)や断熱性能の向上など、大掛かりな改築で、新築に優るお住まいを手に入れましょう。
 
 
リフォームで一番トラブルのあるのが、改築だと言われています。例えば、改築前、改築後などの写真を見せられてしまうと改築への希望が大きくなります。しかし、改築するにも改築して後何十年住むのか、現在までの住宅の健康状態はどうなっているのか、トラブルに遭わない為にも、大規模で改築を考えている方は、一度「ご自宅の健康診断」を受けてみては如何でしょうか。お住まいの状況、今後の予定や希望などを照らし合わせてみては如何でしょうか。「ご自宅の改築のご相談」「ご自宅の健康診断」などお気軽にご相談ください。
ページの上端部に戻る▲  
床(フローリング)のリフォーム
床(フローリング)は毎日、直接人が触れる場所です。また室内の雰囲気を決定づけてしまいます。床のリフォーム際は、お部屋のインテリアと合わせて考える事をお勧めします。
   
床(フローリング)のリフォーム 用途によってお選びください
床のリフォームは、用途によってお選びください。落ち着いた空間や高級感、木のぬくもりを演出したければ無垢フローリングをお勧めします。また和室にこだわりたい方なら畳、最近ではコルク素材で出来ているコルクフローリングが若い方を中心に注目されています。
 
 
   
床(フローリング)のリフォーム 床暖房機能が充実
床のリフォームの際、簡単に床暖房を導入して頂けます。現在では「畳」や「大理石」でも、床暖房の導入が可能になりました。
和室やリビングなど何処でも床暖房をお楽しみに頂けます。
 
 
ページの上端部に戻る▲  
壁のリフォーム
壁のリフォームは、壁紙を貼り替えるモノから、壁のそのものを変えるリフォームまであります。しかし、壁のリフォームは室内の印象をガラリと変えてしまう事から、インテリアとの掛け合いや、夜の部屋のイメージ、フローリングとの愛称、天井とのバランスなどを考慮しなくてはいけません。
   
壁のリフォーム 壁紙を貼り替えるリフォーム
基本的に、壁の壁紙を貼り変えるリフォームならお部屋のリフレッシュが出来ます。
 
 
   
壁のリフォーム 1ランク上の壁素材を使用しましょう
1ランク上の壁素材には、単なる貼り替える素材と違って、温度の調整、脱臭、有害物質の吸着などの機能を備えた優れものがあります。寝室などに適した素材として注目を集めています。
 
 
ページの上端部に戻る▲  
階段のリフォーム
階段は、現状のモノを新しい素材を合わせて補修する工事から全てを初めから作り直す工事まで様々です。現状のモノをリニューアルするだけでも見違える良くなります。
また、階段をリフォームする場合、子供やお年寄りの居るご家庭では、足元に照明を追加したり、手すりなどを追加すると良いと思います。また、階段ではありませんが、ホームエレベーターも少しずつ需要が増えています。階段のリフォームでは、既存のモノに対して素材を張り合わせを行いリフレッシュするやり方と、階段そのモノをやり直すやり方があります。いずれの工法にせよ、階段のリフォームには「安全」で「体に優しい」リフォームを目指しましょう。
   
階段のリフォーム 安全な階段のリフォームとは
高齢者社会が進みバリアフリー化は今では当然のようになっていますが、階段には、年齢に関係なく、手摺の設置、足元に人感センサー付き照明(手摺に照明があるモノもあります)を考えていきましょう。また、階段自体を見直す場合、階段の勾配を緩めるなど、滑りににくい素材で、リフォームにあたります。
(既存の階段に手摺だけを装備する場合、階段がやや狭く感じる場合がございます)
 
 
階段のリフォーム ホームエレベーターの活用
ホームエレベーターが比較的に導入しやすい価格になってきました。近年では3階建のお住まいも増え、高齢者のいるお住まいなら2〜3人乗りのエレベーターが便利です。また、ホームエレベーターの1/3程の余談で、階段昇降機(階段から座って上がっていけるリフトとのようなモノ)もございます。メンテナンスやランニングコストを考えたら、階段昇降機の方が大変にお財布にも優しです。(ホームエレベーターなどの場合確認申請が必要になります)
 
 
ページの上端部に戻る▲  
収納のリフォーム
長年住んでいるうちに、どうしてもモノは増えてきます。しかし、お住まいを見渡せば、以外にデットスペースがあるのです。収納を有効に使うことでお住まいを広く使うことが出来ます。また平成23年3月に起きた東日本大震災の影響から、大切なモノ程しっかりした収納室に収納したいとの要望が増えています。
   
デットスペースを有効に使い、収納も有効に活用しましょう
お部屋の床や壁など実は大きく有効活用すると大変に便利です。「床を利用して収納率をアップ」「小屋裏を利用、普段あまり使わないモノなどを収納」「壁の厚みを使用して収納させる、不意な来客の場合、壁の収納をシャッターなどで閉じればお部屋が綺麗に見えます」「階段下を収納にさせ、生活家電などを収納させる」デットスペースを有効に利用すれば、お住まいをもうひとつ楽に過ごせます。
 
 
ページの上端部に戻る▲  
高齢者住宅(バリアフリー)
高齢者住宅(バリアフリー)はリフォームから注文住宅まで、ちょっとした変更まで対応致します。また、高齢者住宅(バリアフリー)には、介護保険などの国からの支援制度も充実しております。ご相談、高齢者住宅(バリアフリー)実施、申告代行まで行います。
   
高齢者住宅(バリアフリー) 福祉住環境コーディネーターの資格者が、ヒヤリングいたします
注文住宅(建替)やリフォーム時のバリアフリーでのヒヤリングは、福祉住環境コーディネーターの資格保守者が対応いたいます。
バリアフリー導入の場合、高齢者・障害者・家族(一緒に住まわれる方)を交えて考えましょう。世代間のライフスタイルの違いによってトラブルも発生してきます。
また、障害者の中には自分の思いを言葉に出せない方もいらっしゃいます。高齢者は家族に対して遠慮や引け目もあると思います。
そんな場合、自ら高齢者や障害者の立場になってバリアフリーについて考えてみましょう。また、ホームヘルパーさんのお世話になる方には、家族のプライバシーなどを守った作りも必要な場合もあります。
高齢者住宅(バリアフリー) 介護保険などの国からの支援制度のご相談から申請まで
バリアフリーでは、ご存知のように、国や地域、自治体などからの支援制度がございます。バリアフリーを考えたら、バリアフリーのご相談から、支援制度の活用、面倒な申込や申請まで、一貫したサポートをお約束いたします。
高齢者住宅(バリアフリー) 震災に強いバリアフリーと避難しやすいバリアフリー
平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの高齢者の犠牲者を出しました。バリアフリーとは、高齢者・障害者に優しく使い易いだけではなく、災害に強く、もしもの時は避難しやすいバリアフリーを考えなくてはいけません。災害とは、地震などの自然災害は勿論の事ですが、火災などの人災も視野に考えていかねばなりません。
バリアフリーでの補助金に関して
住まいのバリアフリー化に関して、介護保険から工事費用の9割を支給する制度があります。また、お問合せ頂ければ、お客様のご希望などをお聞かせ頂いた上で、福祉住環境コーディネーターの資格を持ったスタッフが、提案、補助金に関する説明と申請手続きの補助などを行います。
ページの上端部に戻る▲  
リフォームラインナップ
 
キッチンの
リフォームはこちら
 
トイレの
リフォームはこちら
 
水まわりの
リフォームはこちら
 
バス(お風呂)の
リフォームはこちら
 
 
お住まいの増築の
リフォームはこちら
 
床(フローリング)の
リフォームはこちら
 
壁のリフォームはこちら
 
階段のリフォームはこちら
 
 
収納の
リフォームはこちら
 
バリアフリーの
リフォームはこちら
 
 
 
 
 
 
玄関ドアの
リフォームはこちら
 
外壁の
リフォームはこちら
 
屋根のリフォームの
リフォームはこちら
 
断熱材の
リフォームはこちら
 
 
リフォームの
工事実績はこちら
 
リフォームに関する
よくある質問
 
 
 
 
 
トップページ >> 増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー(高齢者住宅)
 
     
     
災害に強い注文住宅の概要
耐震住宅
省エネ・エコ住宅
自然で健康的な住宅
多様化家族な住宅
屋上のある住宅
注文住宅に関するよくある質問
 
リフォームをしていくうえで
バス・キッチン・トイレ・水回り
増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー
玄関ドア・外壁・屋根・断熱材のリフォーム
リフォームの工事実績
リフォームに関するよくある質問
 
公共工事(施設・公共住宅)
マンション・ビルディング 建設
制作実績
公共・法人工事に関するよくある質問
 
会社概要
建設関連受賞履歴
秀和建設での取組(地域貢献など)
取得免許などの告知
求人募集
お知らせ
お問合せ
関連リンク
トップページ
 
 
     
     
     
   
     
 
■業務内容(個人)
リフォーム 増築 改築 間仕切り 家族が増える 二世帯住宅 子供部屋 書斎 収納 物置 家族が減る リビングルーム ひとつの部屋をふたつにする ふたつの部屋をひとつにまとめる
■営業エリア
東京都 埼玉県 (荒川区 北区 豊島区 足立区 台東区 葛飾区 江戸川区 草加市 川口市 )
社名:株式会社 秀和建設
所在地:東京都荒川区西尾久7-42-12
電話:03-3893-5555