会社概要 お問合せ 個人情報保護法
 
 
 
 
     
 
トップページ >> バス・キッチン・トイレ・水回り
バス・キッチン・トイレ・水回り
水回り(キッチン、バス、トイレ、洗面所)のリフォームを考えた時、どれも毎日お世話になる所でもある事から、まずは利便性(使いやすさ)や、安全性、お掃除(メンテナンス性)しやすい事を念頭において考えましょう。
小さなお子さんがいるご家庭なら、お子さんのトイレデビューも視野に入れるのも良いですし、お年寄りがいるご家庭ではお風呂には、冬場に起きる死亡事故(ヒートショック)などの対策も考えると良いでしょう。
また、キッチンなどは特に機能性が重視され安易に見掛けだけにこだわるのではなく、機能性も十分に注意したいところです。
 
キッチンの
リフォームはこちら
 
トイレの
リフォームはこちら
 
水まわりの
リフォームはこちら
 
バス(お風呂)の
リフォームはこちら
 
キッチンリフォーム 家事がしやすい家こそが良い暮らしに繋がるお住まいだと思います
キッチンのリフォームのポイントは、家事がしやすい事。家事がしやすい住まいは、良い暮らしに繋がります。毎日しなくてはいけない家事だからこそ、日頃の小さな悩みや不満を解消して下さい。
   
キッチンリフォームで注意するべきポイント
キッチンでよくある勘違いは、ショールームでキッチンを見て、その機能性などに納得してリフォームなどを行うケースに間違えが潜んでいるんです。
まず、ショールームなどでシステムキッチンを見に行った場合、例えば女性の方ならハイヒールを履いている方を見かけますが、自宅のキッチンをリフォームした場合など実際はハイヒールでキッチンに立つ訳ではありません。
ハイヒールとスリッパのわずか3cmの差が使い勝手悪くさせます。この場合リフォームしてから気が付いても手遅れです。
キッチンのこんなアイディア 水の管理を足でも行える?!
お料理を作る前、作っている途中、水を何度出し、何度使うか、これは毎日同じ事の繰り返しです。
しかも、毎回片手を使わなくてはいけない事から、この繰り返し作業を無くすだけでも、作業効率が上がります。
水の出し入れも、蛇口だけではなく、足元にフットスイッチを仕込むと、作業効率が大変に上がります。
 
 
キッチンのこんなアイディア シャワー式水栓金具
大きなお鍋を洗うときも、お野菜を洗うときも、やっぱりシャワー式水栓がお役に立ちます。
 
 
キッチンのこんなアイディア 収納は大切
収納は、キッチンでは大切な役割、収納には、無駄な動きを省ける収納を設けるのがポイント。
ひと目で分る収納スペース、簡単に道具が取れて、濡れたままでも仕舞いやすいなど、収納の良いキッチンは、作業効率も上がり、暮らしやすいお住まいにも繋がります。
 
 
トイレのリフォーム 意外に気を使いたいトイレのリフォーム 
皆さんは人のお宅へお邪魔した時、トイレを借りて何か思いませんか?綺麗で快適なトイレだと、なんだか羨ましくなった事はありませんか?また逆はどうでしょうか。実は、トイレって意外に人にとって大切な空間だったりするのです。
   
工夫次第!トレイのリフォーム 広々した空間作り
トイレのタンクは、便器の背の部分にある場合が多いですが、この部分を見えない場所に移す事により、少しでもトイレの中を広く見せる空間作りが出来ます。
 
 
工夫次第!ユニバーサルデザイン(高齢者向け)
ユニバーサルデザインを施したトイレが今注目されています。
バリアフリーと言った高齢者向けに開発されたトイレです。
背もたれなどが配備されたとっても気の効いたおトイレです。
またユニバーサルデザインのおトイレは、お子さんにも大変に重宝されています。
 
 
 
ページの上端部に戻る▲  
水回り(洗面所)のリフォーム 洗面所は色々な場面で
洗面所は、色々な場面で役目が変わります。お風呂と併設していれば、脱衣所にも変われば、洗濯場にも変わります。
また、毎日の洗面にもなるのですから、化粧台にも変わります。収納、コンセント、照明、室内温度など、洗面所は使う用途を考えて工夫するのが一番ベストなリフォームになります。
   
お風呂と併設していれば、そこは脱衣所も兼ねます
お風呂と併設された洗面所では、脱衣所にも変わります。脱衣所として使用する事を考えたら、湿気の配慮(換気などが十分出来る)ヒートショック現象を起さない事等も配慮して考えましょう。また、脱衣所と兼用される場合、お風呂場との段差をなくす、床など滑りにくい素材を選ぶのもひとつの工夫です。
(ヒートショックとは)
 
 
洗濯場と併用する
洗濯場(生活の家事室)として併用される場合、収納に気をつけたい、普通の洗面台と違い、収納するモノも洗剤類やボトルなど大きなモノになってきます。
床収納などを上手に使うと使い勝手が良いと思います。
また、夜、洗濯をするのが多い家庭では、照明なども工夫する(衣類の確認などの為)し、洗濯物を集める収集場所を設けるのも忘れてはいけません。
 
 
照明が大切なら収納も大切です
とかく毎日使う場所だから、こまごました日用品が収納出切る、収納に困らないと、作る事は大切です。
また、髭などを剃る、ドライヤーで髪を整えるなど、コンセントの数なども余裕を持った方がよさそうです。
また、女性の方なら化粧台の役目も果たすことから、照明にも気を使いたいところです。
 
 
 
ページの上端部に戻る▲  
 
バス(お風呂)リフォーム 快適で安全でお掃除しやすいお風呂、これが一番!
バス(お風呂)のリフォームの注意した点は「快適」「安全」「メンテナンス」です。
1日の中で、やはりお風呂は癒されたい!誰でもそう思っているはずです。
「快適なお風呂」「安全なお風呂」「お掃除が楽なお風呂」とはどのようなお風呂なのでしょうか。
   
快適な使うお風呂のリフォーム
毎日入るお風呂だから、快適なお風呂に入りたい、誰もがそう思っているはずです。
お風呂のリフォームで、出窓を作り、開放的な演出をしてみては如何でしょうか。窓を大きく設ける事で浴室を大きく見せることが出来ればより開放感が広がります。
また、出窓のスペースまで浴槽を伸ばせば、今まで足を組んで入っていたお風呂が足を伸ばして入る事も出来ます。
 
 
安全に使うお風呂のリフォーム
安全なお風呂にする為に、床は滑りにくい床素材を採用する事。また、高齢者の方が入る事が前提なら、手すりなども付ける事をお勧めします。
特に冬に起こりやすいお風呂の事故ヒートショックなど、対策をきちんとしておけば、事故は未然に防ぐ事が来ます。
ヒートショックとは
 
 
お掃除が楽なお風呂のリフォーム
お風呂で大変なのはお掃除です。お風呂には、メンテナンスしやすい壁素材を使用しているものをお勧めします。
また、カビなど発生させないために乾燥暖房システムなどもございます。
 
 
人に優しく・事故のないお風呂に関して
ご存知でしたか!ここ数年、特に冬場で、お風呂で亡くなる方が急増している事を、特に高齢者に至っては、交通事故を上回り、入浴中の溺死が急上昇しています。
秀和建設では、お風呂の事故を未然に防ぐリフォームをご提案しています。
ご存知でしたか!?お風呂のこんな事故、あんな事故
皆さんはお風呂で起きている「ヒートショック」による死亡事故が増加している事を、ご存知でしょうか。
「ヒートショック」ってなんだってお話ですが、ヒートショックの事を詳しくお話する前には、皆さんの周りで、高齢者の方が入浴中に倒れてそのままお亡くなりになったとか、寝たきりの生活になってしまったなんて聞いたことはないでしょうか。
実は入浴中にヒートショックが原因でお亡くなりになる方は年間1万人もいるのです。しかもその数は年々増加傾向にあります。
これは先にお話したヒートショックが原因なのです。特に冬場はお風呂の事故でお亡くなりになる方が大変に増えているのです。
 
まずはヒートショックを理解しましょう
ヒートショックとは、急激な温度変化が人体に及ぼす悪影響のことで、温かい所から急に寒い場所にきて、血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こし、心臓に思った以上の負担をかけ、心筋梗塞や脳血管障害など起す事です。
皆さんにも経験があると思いますが、特に冬場、暖かいお部屋から脱衣所などで、裸になった際に、「ブルッ」と急に寒気がしたことはありませんか?
これがヒートショック現象の一つなんです。
すると人「ブルッ」と寒気がすると、温かい湯船に「さぶん」と入ってしまいますが、この急激な気温変化に人の体がついていけず、事故を起してしまうのです。
 
     
お風呂の事故を防ぐにはどうしたらよいでしょう?
ヒートショックを起しやすいのがトイレや洗面(脱衣所)、浴室です。
例えば、リビングなど主要の生活空間では、特に冬場は、常に暖房で温められていますが、トイレや洗面(脱衣所)・浴室は寒々としています。
その温度差は約10度とも言われています。
これでは、ヒートショックが起きないわけがありません。
まず対策としては、トイレや洗面(脱衣所)・浴室と生活空間の温度差を出来るだけなくす必要があります。
特に洗面(脱衣所)浴室内は暖める事でヒートショックから身を守り、お風呂の事故を未然に防ぐ手段の一つとなるでしょう。
 
習慣とかに惑わされずに、洗面(脱衣所)浴室には暖房設備を備えましょう
ヒートショックを防ぐには、温度差を無くす事が効果的です。
洗面(脱衣所)浴室に暖房設備を備え付けてみませんか。
日本の習慣などを考えれば洗面(脱衣所)や浴室に暖房設備があるのは贅沢品と思いがちですが、海外の一般的なご家庭では浴室に暖房はあたりまえのように備え付けられています。
特に高齢者が住まわれるご自宅ではトイレや洗面(脱衣所)、浴室には暖房設備の備え付けをお薦めしています。
 
脱衣所や浴室には色々な用途に合わせた暖房設備が開発されています
洗面(脱衣所)や浴室に暖房設備を導入しようと考えた時、「高価な費用が掛かりそう」「まだ使えるのに、浴槽から何もかも取り替えになるのかな」「短時間の為だけに暖房器具って・・・」と思われると思いますが、実は洗面(脱衣所)や浴室、色々なご要望で暖房設備が各メーカーから出ています。
私たち秀和建設では、お客様とのヒヤリングや現地調査を踏まえて、お客様に最適な暖房設備をご提案しています。
浴槽などはそのまま!暖房設備だけを浴室に導入する
浴室に暖房設備を導入する事を考えると、浴室を全面リニューアルしないといけないイメージがありますが、暖房器材は、壁に備え付けるお部屋と同じようなタイプのモノから、天井に備え付けタイプなど多種ご用意しております。
   
壁に取り付けタイプ
  ご家庭でお使いのエアコンのお風呂版だとイメージ下さい。
このタイプですと、大胆な工事を行わなくても簡単にお風呂場に暖房を導入頂けます。
 
 
天井に取り付けタイプ
  天井に取り付けタイプは、大掛かりな工事が必要となりますが、かなり効果的に暖房を体験頂けます。
お風呂の全面リフォーム時や新築などの導入に最適なタイプです。
 
 
蛇口タイプ
  蛇口に直接付いているタイプです。
このタイプの場合、暖房機能などに制限等があります。ミスト機能付きのモノを選んで頂けると、お肌のメンテナンスにも効果が大です。
 
暖房設備はお客様のお風呂場等を拝見した上で適切なタイプをご提案しています。
暖房設備を使ったさまざまな使い方!ヒートショック対策だけはありません
洗面(脱衣所)や浴室に暖房設備となると、まるで贅沢品のような気がすると思います。勿論、人は入浴すること自体24時間の中で数分、しかし、暖房設備を通してこんな使い方もあるのです。
室内乾燥機として役割
雨の日や、外に干しにくい下着など、浴室の暖房設備を使った室内乾燥機として考えてみては如何でしょうか。
現在では、その用途に使用できるよう工夫されている機器もございます。
また、共働きの方等、夜・洗濯→睡眠中に乾燥させ→朝・とり込みなど便利に使用出来ます。
 
浴室のメンテナンス(お掃除)を楽にしてくれます カビ防止にひと役!
入浴が終わった後は、暖房で素早く浴室を乾燥させる事で、湿気やカビなどの発生を抑えることが出来ます。
特に浴室のメンテナンス(お掃除)が楽になると大変助かりますよね。
 
勿論、暖房機能も付いていれば、冷房機能もついています
夏など、暑い日などはお風呂に入るだけでも気がめいってしまいますよね。
しかし、夏こそお風呂は欠かせないもの、夏場は冷房機能を使って爽やかに入浴をお楽しみになれます。
 
ミストサウナ機能
暖房設備と一緒に、ミストサウナ機能が付いたモノもあります。ミストサウナ機能は、水分を微量に噴射して、体を温めますので、ドライサウナのような息苦しさがなく、高齢者の方など湯船に入らず体を温める事が出来ます。
ミストサウナ機能は、まさに癒しの空間にお風呂を変えてしまいます。
 
担当者からお客様へ
私たち秀和建設では、年々増え続けるヒートショックによるお風呂場での事故を重く捉え、少しづつお客様にご理解して頂こうと思っています。
例えば、ひと昔で言えば、お風呂がまだご家庭になく、お風呂屋さんに通っていた時代には、このような事故はあまり聞いた事がありません。
それはお風呂屋さんの脱衣所も浴室も常に暖かく一定の温度で保たれていたからです。
また更に古いお話ですと、おトイレが家の外に合った時代などは、おトイレで亡くなる事故が多く有ったと聞いています。
これは明らかにヒートショックによるものだと思えます。ですから、お風呂の暖房設備は、決して贅沢なモノと考えずに、これからの自分の身を守る事だとお考えください。
現行の浴室に暖房設備の追加から、浴室の全面リニューアルまで、最適なプランをお客様にご提供いたします。
 
ページの上端部に戻る▲  
リフォームラインナップ
 
キッチンの
リフォームはこちら
 
トイレの
リフォームはこちら
 
水まわりの
リフォームはこちら
 
バス(お風呂)の
リフォームはこちら
 
 
お住まいの増築の
リフォームはこちら
 
床(フローリング)の
リフォームはこちら
 
壁のリフォームはこちら
 
階段のリフォームはこちら
 
 
収納の
リフォームはこちら
 
バリアフリーの
リフォームはこちら
 
 
 
 
 
 
玄関ドアの
リフォームはこちら
 
外壁の
リフォームはこちら
 
屋根のリフォームの
リフォームはこちら
 
断熱材の
リフォームはこちら
 
 
リフォームの
工事実績はこちら
 
リフォームに関する
よくある質問
 
 
 
 
 
トップページ >> バス・キッチン・トイレ・水回り
 
     
     
災害に強い注文住宅の概要
耐震住宅
省エネ・エコ住宅
自然で健康的な住宅
多様化家族な住宅
屋上のある住宅
注文住宅に関するよくある質問
 
リフォームをしていくうえで
バス・キッチン・トイレ・水回り
増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー
玄関ドア・外壁・屋根・断熱材のリフォーム
リフォームの工事実績
リフォームに関するよくある質問
 
公共工事(施設・公共住宅)
マンション・ビルディング 建設
制作実績
公共・法人工事に関するよくある質問
 
会社概要
建設関連受賞履歴
秀和建設での取組(地域貢献など)
取得免許などの告知
求人募集
お知らせ
お問合せ
関連リンク
トップページ