会社概要 お問合せ 個人情報保護法
 
 
 
 
     
 
トップページ >> 省エネ・エコ住宅
省エネ・エコ住宅
省エネ・エコ住宅とはどんな住宅の事でしょうか。それはエネルギーに出来る限り頼らない「快適な住まい」の事です。
例えば、四季を通して、お部屋の温度を出来る限り一定に保ち、冬は暖かく、寒くなりにくいお部屋であり、夏は涼しく、真冬でも真夏でも出来る限り冷暖房に頼らない、最低限の使用で済む住まいを指します。
また、結露によるカビやダニの発生を抑制し木材や建材などの腐朽や劣化が抑制し、住まわれる方の光熱費などを節約に結びつけます。
省エネ・エコ住宅は、一般住宅とここが違う
省エネ・エコ住宅のポイントは、「高断熱」と「日射遮蔽」「通気性」です。
冬場は、高性能な断熱で、お住まい全体を包み込み、夏は外からの熱を出来る限り遮断して、お部屋の換気を十分に取り込む事です。
もっと分りやすくお話しすると、冬は室内の温度を逃がしにくくし隙間をふさいで暖房効果を高め、適度な換気を行う事で、一定の快適感を保ち、夏場は、家全体の日射熱を遮り、出来る限りお部屋の温度を上げず、合わせてお部屋の換気を行い、部屋に溜まった暖まった空気を外に逃がし、通風により涼をとることで、お部屋を快適な状況に保ちます。
住まいの断熱性を高め機密性を促進させると快適な空間が実現します
省エネ・エコ住宅の基本は、お住まいの機密性を高め、高断熱でお住まいを包み込むことです。
特に床・外壁・屋根・天井など隙間があると、そこから熱を外に出すことになり、反対に余計な熱を取り込むことになります。
また断熱性の弱いお住まいは、外、部屋に温度差が出来ていまい結露などが発生しやすく、カビやお住まいの腐食などの原因を作ります。
また最も重要な事は開口部の断熱性能を高めることで、特に大きな窓や、理由もなく取り付けれた窓などは、夏は暑さを多く取り込み、逆に冬は暖かさをそこから逃がしているのです。
ですから、壁や天井などは断熱材で断熱や機密性を保たせますが、窓などは、複数ガラスを使用した窓やサッシに断熱サッシのあるモノを採用して断熱性と機密性を促進させます。
 
遮熱と換気を多用する事で快適
現在の断熱効果は、以前の断熱より遥かに効果があります。
従って、一度熱を吸収すると、室外に排出することが難しく、真夏の場合などは、冷房効果などに大変に影響してきます。
また更に直射日光を取り入れていまうと真夏はぐんぐん室内の温度を上げてしまいます。
窓に遮熱対策を作り(庇やオーニング(日除けテント)ブラインド)、常に換気を行い室内に少量の空気の流れを絶えず作るようにし室内や部屋間の温度が均一化するように装備します。
また、換気をする事で、シックハウスや結露対策にも効果が発揮されます。
 
リフォームラインナップ
 
耐震住宅はこちら
 
省エネ・エコ住宅は
こちら
 
自然で健康的な
住宅はこちら
 
多様化家族)な
住宅はこちら
 
 
屋上のある
住宅はこちら
 
注文住宅に関する
よくある質問
 
   
 
 
 
 
トップページ >> 省エネ・エコ住宅
 
     
     
災害に強い注文住宅の概要
耐震住宅
省エネ・エコ住宅
自然で健康的な住宅
多様化家族な住宅
屋上のある住宅
注文住宅に関するよくある質問
 
リフォームをしていくうえで
バス・キッチン・トイレ・水回り
増築・改築・床・壁・階段・収納・バリアフリー
玄関ドア・外壁・屋根・断熱材のリフォーム
リフォームの工事実績
リフォームに関するよくある質問
 
公共工事(施設・公共住宅)
マンション・ビルディング 建設
制作実績
公共・法人工事に関するよくある質問
 
会社概要
建設関連受賞履歴
秀和建設での取組(地域貢献など)
取得免許などの告知
求人募集
お知らせ
お問合せ
関連リンク
トップページ
 
 
     
     
     
   
     
 
■業務内容(個人)
注文住宅 家つくり マイホーム エコ住宅 エコハウス 省エネ住宅 省エネ エネルギーに頼らない生き方
■営業エリア
東京都 埼玉県 (荒川区 北区 豊島区 足立区 台東区 葛飾区 江戸川区 草加市 川口市 )
社名:株式会社 秀和建設
所在地:東京都荒川区西尾久7-42-12
電話:03-3893-5555